プロフィール

WanWanHouse777

Author:WanWanHouse777
我が家のスローライフをご紹介します。

FC2カウンター
キネンビ
多機能カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事+コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ 家づくり奮闘記コンテスト
太陽光発電の買い取り価格が安くなっていく
自然エネルギーの有効活用として太陽光発電が注目され、一般家庭にも太陽光発電が普及しています。
我が家もわずか4㌔㍗ですが、太陽光発電を搭載し、買い取り価格も48円の10年間保証となっています。

経済産業省の有識者会議「調達価格等算定委員会」から再生可能エネルギーで発電した電気を電力会社が固定価格で買い取る制度に基づいて、2014年度の買い取り価格案がまとまりました。

その内容は、
----------------------------------------------------------------------
 企業などが設置する非住宅用の太陽光発電の買い取り価格は、13年度から約3円引き下げ、1キロ・ワット時あたり34・6円(4月からの税込み)とする。13年度は前年から約4円引き下げており、引き下げは2年連続となる。
 買い取り価格は、太陽光パネルなど発電設備の費用などをもとに決める。今回は、設備の性能が高まり、発電効率が改善したため、前年並みの引き下げ幅となった。
 風力発電では、陸上よりも費用がかかる「洋上風力」専用の買い取り価格を新設した。洋上風力の導入を促すため、価格を陸上風力(20キロ・ワット以上)より10円以上高い1キロ・ワット時あたり約39円とした。陸上風力や、地熱などの買い取り価格は据え置く。
(2014年3月8日08時36分 読売新聞)

----------------------------------------------------------------------
と言う内容です。

20140310_1.jpg
読売新聞オンラインから借用

設備投資が安くなったのが原因ですが、あまり買い取り価格が安くなると、せっかく普及してきた勢いにブレーキがかかるのではないかと心配です。
それとも政府は、原子力を推進したいから自然エネルギーの方の普及に歯止めを掛けたいのかな?と穿った見方をしてしまいます。

住宅用の買い取り価格は平成14年度は37円ですね。
1円、さらに安くなっています。
我が家としては一番買い取り価格の高いときに設置してよかったと安心しています。
(その分、設置費用も高かったけど)


テーマ : マイホーム
ジャンル : ライフ
太陽光発電 TB(0) CM(0) 

New LogTop LogOld Log

COMMENT


PREV PAGE   TOP   NEXT PAGE