タイトル画像

今年から始めたいもの

2014.01.06(20:45) 863

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ 家づくり奮闘記コンテスト
ブログネタが無くて、今年初めての投稿になります。

さて、新年を迎え、今年から始めたいと思っているものに
   デジスコ
があります。

デジスコって聞き慣れない方も多いと思います。
デジスコとは
--------------------------------------------------------------------------------
デジタルカメラとフィールドスコープ(望遠鏡)とを合わせた造語である。
その名の通り、ふたつを組み合わせて行うコリメート撮影方法をいう。
超望遠の撮影が可能となる。
--------------------------------------------------------------------------------
です。(Wikipediaから引用)

更に詳しく説明すると
--------------------------------------------------------------------------------
通常超望遠の撮影は、超望遠レンズをレンズのないボディに組み合わせて行なうが、デジスコの技法は、カメラに付けられたレンズに、更にスコープ(望遠鏡)を組み合わせて超望遠の効果を得るところに特徴がある。
この撮影方法をコリメート撮影と言う。
野鳥撮影などの際には、一眼レフと超望遠レンズの組み合わせよりも、安価で焦点距離が長く、軽量になるとされている。
フィールドスコープは、地上の鳥等を見る為に正像で見えるように内部にプリズムを入れて像を反転させている。
これをカメラレンズでもう一度反転させて撮像部に投影する方法がコリメート撮影法である。
ボディーに直接天体望遠鏡を組み合わせて撮影する方法は、直焦点撮影法と言い普通の超望遠レンズを使う方法と変わらないので普通デジスコとは言わない。
対物レンズの光を直接撮像部に投影するので画像の劣化が無くさらに天体望遠鏡の場合中心部の精度は素晴らしい物となるが周辺部は流れるので補正レンズを併用する事もある。
--------------------------------------------------------------------------------
です。(Wikipediaから引用。下の写真も同様)

Nikon_digiscoping_set.jpg

写真を見て分かるように、野鳥観測用のスコープにデジカメを接続して撮影する手法です。
デジイチ用大型望遠レンズよりも格安に大きく写すことが可能です。

野鳥観測用にデジイチを使い、超望遠レンズを装着すると
   高い!  100万円以上突破は間違いなし
   重い!  ボディとレンズで10キロとヘビーです

これがデジスコとなると
   安い!  20~30万円
   軽い   3~5キロ

かなりの違いですが、いいことばかりではありません。
動いている被写体は苦手です。
飛んでいる鳥の撮影は無理ですね。

三脚、カメラ、スコープその他を担いで野鳥撮影・・・・・・ものすごく健康的に感じます。
パソコンや読書、ドラマ鑑賞と引きこもり状態ですが、アウトドアを楽しんでみたいです。

問題は、安いと言いながらも20~30万円の資金をどこから捻出するかです。
コツコツと貯めた虎の子から出すしかありませんね。


ハイムでスローライフ


<<脳ドック、そして5年ぶりに献血 | ホームへ | 2013年を振り返って>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wanwanhouse777.blog54.fc2.com/tb.php/863-ec12c68c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)