タイトル画像

一太郎でkobo

2012.07.24(15:19) 640

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ 家づくり奮闘記コンテスト
koboを購入し、とりあえず内蔵されている書籍から
  フランダースの犬

  イワンの馬鹿
を読んでみました。
古典名作を読むのは久々です。

青空文庫から他の書籍をダウンロードしてみましたが、何故か表紙が同じデザインで区別がつきません。
デザインの欠陥(手抜き)を感じますね。

そんなわけで、テキストデーターで公開されている書籍をepubに変換してkoboに入れてみることにしました。
フリーのツールが公開さていますが、縦書き表示にするなどの作業がよく分かりません。
短い文章なら、自動的に縦書きに変換してくれるサイトもありましたが、書籍などの長文には対応していないようです。

そこで一太郎の登場です。
一太郎の最新版である
  一太郎2012承
にはepubに出力してくれる機能があります。

久々に読みたいと思った
  ジャン・クリストフ
をepubに変換してみました。
超簡単に変換してくれます。
PDFファイルでも挑戦してくれましたが、epubファイルは基本的にはテキストなので、PDFに比べるとファイルサイズが10分の1以下になります。
限られたメモリーを有効に使うにも便利ですね。
表紙をアマゾンの書籍データーを利用させてもらいました。
今回は、epubファイル作成のためにあえて一太郎をバージョンアップしました。

20120724_1.jpg

ところで、楽天からは
  今野敏 『獅子神の密命』
  スティーグ・ラーソン 『ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女』
  同 『ミレニアム2 火と戯れる女』
  同 『ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士』
を一気購入しました。
koboの電子書籍リーダーはお手軽サイズで軽いので、手にして読んでいても苦になりません。
しかし、koboのコンテンツには、私が好きな
  宮部みゆき
  東野圭吾
が掲載されていないのが残念です。
早く掲載されるのを期待しています。


ハイムでスローライフ


<<久々にモデルハウス見学 | ホームへ | 今度はマーラーだ!>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wanwanhouse777.blog54.fc2.com/tb.php/640-9bafa572
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)