プロフィール

WanWanHouse777

Author:WanWanHouse777
我が家のスローライフをご紹介します。

FC2カウンター
キネンビ
多機能カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事+コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ 家づくり奮闘記コンテスト
住宅の高性能による想定外
屋根の形はいろいろありますが、陸屋根の場合、北海道では
   無落雪住宅
と表現されることが多いです。

北海道の住宅メーカー
  木の城たいせつ(倒産後再建中?)
が、屋根に積もった雪が溶けて屋根の雪下ろしをせずに済む住宅を開発したのが理由です。

北海道の雪の悩みを解消してくれる画期的住宅として、道内ではかなりの住宅が建てられました。
私もモデルハウスを見学して、いい感じの家と感じたこともあります。
しかし、年月が経過しても設計思想が変わらず、デザイン等いろいろな部分で古くささが目立つようになり、とうとう倒産してしまいました。
残念です。

その頃の無落雪住宅は↓の様なシステムで屋根の雪を溶かしていました。
20120331.jpg

室内の暖房熱が上昇し、天井裏に伝わって屋根上の雪を溶かしてくれるのです。

しかし、半月ほど前だったと思いますが、北海道新聞に、住宅の高性能化に伴い、屋根の雪が溶けなくなってしまい、屋根上に積もった雪が大きな雪庇になっているというのです。
そういえば、他の方のブログに屋根の上の雪庇が紹介されていました。
   ノースでワードなお家
(しばらく更新されていませんね。雪庇の画像は下の方にあります)

私のご新居はが建っている地域は、北海道でも雪が比較的少ない地域ですが、屋根の雪が溶けないのは想定外でした。
テーマ : マイホーム
ジャンル : ライフ
設備 TB(0) CM(2) 

New LogTop LogOld Log

ノリスケ URL 2012/04/01 23:28 #- EDIT
こんばんは!!!
木の城たいせつ、懐かしいです(宮城県にはありません)。

ウチの近所で引渡しの時(引渡しですよ)
施主『こんな家いらねぇ!もって帰れ!』
営業『重くてもって帰れるか!』
そんなやり取りをしていたのを思いだします…

それにしてもスゴイ雪庇ですね…
やっぱり人間の考える想定以上の事が自然には起きますよね。

wanwanhouse URL 2012/04/02 20:33 #- EDIT
ノリスケさん、こんにちは

ブログの記事にあるように、最近は雪庇の大きいのが目立ちますね。
それが住宅の高性能化のせいとは思いもしませんでした。
最近は庇が無い住宅がはやりですが、この雪庇を見たらやっぱり庇は必要と感じますね。

COMMENT


PREV PAGE   TOP   NEXT PAGE