タイトル画像

レザークラフト~処女作完成(文庫本カバー)

2011.12.14(20:45) 525

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ 家づくり奮闘記コンテスト
レザークラフトの道具も材料も揃ったところで、さっそく文庫本カバーの制作を始めました。
ネットの動画等を参考に、とりあえずは直線縫いの練習を兼ねての文庫本カバーの作成です。

革2色を使って、指定の寸法に切断です。
本当は革用ナイフを使って裁断するのでしょうが、今のところカッターで間に合わせです。

20111214_1.jpg

コバ仕上げ済ませて、さっそく縫い始め、ようやく完成したのが下の写真です。

20111214_2.jpg

しかし、なんか変です。
そうです、背の部分(右側)のクロスステッチがバッテンになっていません。
針の順番を間違ってしまったようです。
糸を抜いて、もう一度やり直しです。

20111214_3.jpg

今度は両方ともバッテンになりました。

手持ちの文庫本を入れてみました。
厚さ3センチまで対応できます。
今読んでいる
  佐々木譲著の『ネプチューンの迷宮』
が750ページです。
ちょうど、ぴったりですね。

20111214_4.jpg

次は、色の組み合わせを変えて、奥さん用の文庫本カバーの作成を作成することにします。


ハイムでスローライフ


<<久々のオークション | ホームへ | 風力発電を目撃>>
コメント
こんばんは!!!
革製品を自分で作るって結構大変ですね。
私の職場でも流行っていて、財布を作ったりしたのを見せてもらった事があります。
革よりもそれに係る金具の方が高いとか言ってました。

この文庫本カバー、丁寧に縫われて素敵な出来ですね。

【2011/12/14 22:44】 | ノリスケ #- | [edit]
ノリスケさん、こんにちは

財布は文庫本カバーよりも敷居が高いですね。
文庫本カバーなら自分で型紙を作れますが、財布となるとちゃんとした参考書が必要になりますね。
金具などの小物が高いというのは私も気になりました。
最初の内は、あまりお金がかからないようにして技術を上げたいと思います。
【2011/12/15 20:24】 | wanwanhouse777 #RgHKQykw | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wanwanhouse777.blog54.fc2.com/tb.php/525-e3c40c19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)