プロフィール

WanWanHouse777

Author:WanWanHouse777
我が家のスローライフをご紹介します。

FC2カウンター
キネンビ
多機能カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事+コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ 家づくり奮闘記コンテスト
長崎観光~3日目
長崎観光の3日目です。

ホテルは『ホテルJALシティ長崎』の連泊なので、荷物は部屋に置いたまま外出です。

長崎と言えば『軍艦島(端島)』が有名ですね。
今回の旅行では、軍艦島に行くかどうか悩んでいました。
北海道を出発する時には、軍艦島見学は中止の予定で、長崎市内観光を優先させる計画でした。

しかし、観光タクシーで長崎市内の有名観光施設をおおむね見学することができたので、急遽軍艦島へ行くことにしました。

前日の夕食をいただいた『会楽園』のレジ前に軍艦島のチラシが置いてありました。
20111004_21.jpg

軍艦島ツアーの会社は5社ほどあるようですが、今回はチラシに掲載されていた『軍艦島コンシェルジェ』を利用することにしました。
gunkan_logo.gif

ホテルを出る前に予約の電話を入れました。
ターミナルまで行くのにタクシーを利用すると、やっぱり運ちゃんから観光ハイヤーの申し出がありました。
今度は個人タクシーです。
どうするか悩んだのですが、運ちゃんの営業トークに負けてお願いすることにしました。
軍艦島から戻る時間にお迎えに来てくれる約束をしてお別れです。

天候は少し曇り気味ですが、風も少ないので波は穏やかです。
ターミナルにある軍艦島コンシェルジェの事務所で受付をして、いざ出航です。
乗客は6名と予想外に少なかった。
軍艦島近くになると、他のツアー船とすれ違いましたが、多くの乗客の姿がありました。

軍艦島の管理の関係で、上陸時間が決められており、船の乗り降りに時間がかかりすぎると、島での滞在時間が少なくなってしまいます。
今回のツアーは、乗客が少ないので限られた時間を有効に利用することが出来ました。
ガイドの説明も親切です。
20111004_1.jpg

20111004_4.jpg

20111004_3.jpg

●途中、イージス艦がドックに入港中でした。
20111004_2.jpg

20111004_5.jpg

軍艦島ツアーを終えてターミナル付近を散策している内に、約束していたタクシーがやってきました。
とりあえずは昼食をとらなけらばなりません。
運ちゃんは『長崎港』という海鮮料理のお店を紹介してくれました。
いただいたのは「釜揚げしらす丼」です。お安くて美味しい昼食でした。
20111004_6.jpg

20111004_7.jpg

昼食後に向かったのは『稲佐山展望台』です。
稲佐山からの夜景は日本三大夜景のひとつに数えられています。
日中の景色もすばらしかったけど、夜景も見たかった!
20111004_8.jpg

次は『神ノ島教会』です。
この教会は、長崎中心部から離れているため、隠れスポットかもしれませんね。
高い位置に建っており、階段を登っていかなければならないので大変です。
20111004_9.jpg

●ガラス越しで内部も撮ってみました。
20111004_10.jpg

神ノ島教会の近くに『マリア像』があります。
神ノ島教会の信徒が建てたものです。
軍艦島ツアーの途中に海からも見えていました。
20111004_11.jpg

長崎港には『女神大橋』というおしゃれな名前の橋がかかっています。
全長1,289mで、海面からの高さは65mです。
世界中にある殆どの豪華客船が通過できるそうです。
見ていても美しい橋です。
20111004_12.jpg

次は『日本二十六聖人殉教地』です。
幕府にとらえられた宣教師達が、長崎で見せしめのために処刑されました。
子供が3人おります。
20111004_13.jpg

その隣に『聖フィリッポ教会』があります。
へんてこな塔みたいな建物は、天使の翼をイメージしていると運ちゃんが解説してくれましたが、全然翼には見えません。
20111004_14.jpg

名前だけは有名な『オランダ坂』は、石畳の坂道です。
近くに女子大があるので、若い女の子達がたくさん歩いていました。ちょうど下校時間帯です。
20111004_15.jpg

『大浦天主堂』付近には修学旅行の生徒らしい姿が多く見かけられました。
20111004_16.jpg

『中国歴代博物館』は見所がいっぱいです。
中もけっこう広いですね。
20111004_17.jpg

タクシーの運ちゃんとはここでお別れです。
運ちゃんから長崎の市電を体験して下さいと言われたので、ホテル近くまで市電を利用することにしました。
下車は3つ目の駅だと教えられ、無事ホテルに戻ることが出来ました。
20111004_18.jpg

一度ホテルに戻るも、休憩することなく今度は夕食をとることにしました。
運ちゃんからお薦めの『吉宗(よっそう)』というお店に行きました。
私はバッテラと茶碗蒸しをいただきました。今回の旅行で一番美味しいと感じた料理でした。
20111004_20.jpg

20111004_19.jpg

観光は体力勝負です。
しかし、二人とも疲れすぎて、午後9時には就寝です。
テーマ : 癒しと潤いのある生活
ジャンル : ライフ
観光 TB(0) CM(2) 

New LogTop LogOld Log

clearup URL 2011/10/13 17:39 #uvDv0c6U EDIT
こんにちは。
長崎観光、いいですね~。
我が家も、もう7年くらい前ですが、九州へ旅行に行きました。
旅行って楽しいですが、思ったよりも疲れますよね。
当時、あまりに疲れていて、昼食の「長崎ちゃんぽん」、夕食の「新中華街」で、せっかくなのに食欲がなく、あまり食べれなかった思い出があります。
長崎では、市電で移動した記憶があります。
たしか100円だったと思いました。
そういえば、独身時代に函館へ旅行したときも市電に乗った記憶があります。

wanwanhouse777 URL 2011/10/13 20:00 #RgHKQykw EDIT
clearupさん、こんにちは

市電の料金は120円でした。
他の都市と比べると格安ですね。

私たち夫婦も旅行でヘトヘトでしたが、食欲だけはありました。
旅行前は食べ過ぎて体重が増えるのではないかと心配でしたが、かなり歩き回ったせいか体重の減少は殆どありませんでした。
旅行から帰って、ようやく疲れがとれた感じです。

私は函館の市電に乗ったことはありません。
今度機会があったら乗ってみたいですね。

COMMENT


PREV PAGE   TOP   NEXT PAGE