プロフィール

WanWanHouse777

Author:WanWanHouse777
我が家のスローライフをご紹介します。

FC2カウンター
キネンビ
多機能カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事+コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ 家づくり奮闘記コンテスト
家造りの宗教戦争
宗教戦争と言っても、イスラム教だキリスト教だ仏教だと言うわけではありません。

自分で家を持とうとすると、人によって価値観やライフスタイル、家族構成、地域性等々さまざまな理由で求めるのが異なるのは当然のことです。
しかし、そうした相手の都合を考えることなく、一方的に
   ○○が絶対必要だ
とか、逆の主張をする人がいます。
家造りに関する掲示板を拝見すると、一方的に言いたいことだけ言って、人の意見に耳を貸さない人が多く見受けられ、ちょっと悲しいです。
他の宗派を認めない宗教と似た印象です。

どんな点で主張が対立するか、思いついたものを紹介します。

マンションか一戸建てか
まずはここから始まります。マンションを選ぶ人、一戸建てを選ぶ人それぞれですね。
それぞれのメリット、デメリットがあります。
手持ち資金で交通の便利な場所に一戸建てを建てられたらいいけど、資金には限りがあります。
マンションのセキュリティーも魅力です。

工務店か大手HMか
大手HMはどうしても高く感じます。
特にハイムがそうですね。
大手HMを選ぶ人は(私も)、その後のアフターなどを考え、高いのを承知で大手HMを選びます。
工務店を否定するわけではありません。

リビング内階段かリビング外階段か
リビング内階段は子供の出入りが監視しやすいです。
でも、2階の冷気がリビングに入ってきたり、オヤジがパンツ姿でくつろいでいるところを子供の友達に見られて恥ずかしい思いをしてしまいます。

木質か軽量鉄骨か
私は断然軽量鉄骨です。
最初の家が大和ハウスの中古物件で、軽量鉄骨の建物でした。
古いのに床下もしっかりしていると、リフォーム業者が言っていて、軽量鉄骨の素晴らしさを体験したからです。
ハイムはその頃からの憧れメーカーでした。
木質がいいと言っている人もいます。
鉄骨だと、振動音が家中に響くとか、家が寒いという意見もあるようです。

2階のトイレは必要か
マンションやアパートではトイレがひとつしかないので、トイレが二つも要らないという意見があります。
必要ないなら付けなければいいです。
でも、若い時はいいけど、年取ってくるとトイレの時間も長くなります。
それに、寝室が2階なら、夜中に下に降りていくのは苦痛になります。
若い時には考えられないことが、年の経過と共に生じてくるので、今の身体、家族構成だけを考えず、将来を見越した家造りが必要だと思います。

太陽光発電は
今回の震災の関係で、太陽光に脚光が浴びています。
自然発電は太陽光だけではありませんが、身近で普及しているのが太陽光発電ですね。

オール電化かガスか
世の中、節電モードの中でオール電化は肩身が狭くなりました。
これからはガスかな?

注文住宅か建売か
やっぱり予算が許せば注文住宅ですね。
家族構成や自分のライフスタイルを家造りに反映させることが出来ます。
もっとも、何年も社宅暮らしをしていたので、建売でも充分満足できるとは思いますが。

ハウスメーカー
注文住宅となるとハウスメーカーの選択で悩むことになります。
我が家は最初からハイム命だったので、予算さえなんとかなるなら決定です。
大和ハウスでも良かったんだけど、ハイムしか選択肢として考えていなかったので、大和ハウスの展示場すら見に行っていません。
それぞれ自分の気に入ったメーカーを選べば良いと思います。
安いから、という理由で選ぶことはお薦めしません。あとから後悔すると思います。

切り妻屋根か陸屋根か
私はハイムの陸屋根が好きです。
でも、ハイムの陸屋根が嫌いだと、別のメーカーや別のタイプを選ぶ方がいます。
人それぞれですね。
北海道は屋根からの雪の始末が大変です。
私がご新居を建てた地域は、比較的雪が少ない地域ですが、それでも雪が降り、屋根から雪が落ちてきます。
そんな雪の始末から少しでも解放されたいと、あえて陸屋根を選びました。

新築かリフォームか
これも難しいところです。
私も義母の家を大規模リフォームしようか悩んだことがありますが、新築するよりもリフォームする方が大変です。
既存の建物の設備などを一つ一つ見当していく作業は、体力が必要ですね。
それに我が家の場合、住んでいる地域と義母の家とは大きく離れていて、打ち合わせが困難だったこともリフォームを諦めた理由の一つです。

これ以外に設備関係もありますね。
キッチンの仕様や、暖房設備など、上げたらきりがありません。
テーマ : マイホーム
ジャンル : ライフ
マイホーム大作戦 TB(0) CM(0) 

New LogTop LogOld Log

COMMENT


PREV PAGE   TOP   NEXT PAGE