タイトル画像

自宅の除雪を考える

2018.03.09(20:50) 1368

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ 家づくり奮闘記コンテスト
今日は朝からずっと雨が降っています。
おかげで積雪もかなり溶けてくれました。

新聞によると、昨日までの積雪は例年の4倍もあると掲載されていました。
2月から降った雪が多かったせいですね。

ところで雪国にとって積雪は大きな悩みのひとつです。
どうやって自宅に積もった雪を処理するか?

○道路に捨てる。
○河川に捨てる。
○公園に捨てる。
○空き地に捨てる。

いろいろ方法はあります。

しかし・・・・・

道路に雪を捨てる行為は道路交通法違反に該当します。
場合によっては罰金50万円!
通行する車やご近所さんも迷惑です。

河川に雪を捨てる行為は河川法によって禁じられています。
捨てた雪の量によっては河川が氾濫する虞も有り、大変危険な行為です。

公園に雪を捨てることは、基本的には禁じられています。
公園内の設備や樹木が破損する虞があるためです。
町内会によっては許可を得て公園にルールを決めて雪を捨てている場合もあるそうです。

空き地に雪を捨てるのは、空き地の土地管理者が許可していればOKです。
しかし、土地管理者の許可が無ければ、それはトラブルの元になります。
雪を捨てることで、土地が汚れてしまって資産価値を下げる行為にもなります。
私が土地の所有者なら塀を建てて雪を捨てられないようにしますね。

それなら何処に捨てればいいのでしょうか?

雪の捨て場なんてありません!

自宅敷地内に積もった雪は自宅敷地内で処分することが基本です。

敷地内が全て家族の駐車場として使用しているため、雪の捨て場が無い。
こんな方もいると思います。
解決策はひとつ、ロードヒーティングを設置することです。
電気代(灯油代)がかかりますが、積もった雪の心配はほとんどありません。

融雪溝という手もあります。
私の弟宅は豪雪地区に住んでいるので、融雪溝を設置しています。

雪国で家を建てる際に、雪を捨てる場所もあらかじめ考慮しておく必要があります。

目の前に空き地があるから大丈夫、なんて安心しているといつの間にか家が建って捨て場が無い状態に陥ることがあります。

先に述べたように、自分の敷地内に積もった雪は自分で処理することが基本です。

※業者に排雪をお願いするのもいいですが、契約上のトラブルが時々話題になっていますね。



ハイムでスローライフ


<<懲りずにエアロバイク再購入~初期不良品が届いた! | ホームへ | 動画編集に挑戦!>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wanwanhouse777.blog54.fc2.com/tb.php/1368-a76569ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)