プロフィール

WanWanHouse777

Author:WanWanHouse777
我が家のスローライフをご紹介します。

FC2カウンター
キネンビ
多機能カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事+コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ 家づくり奮闘記コンテスト
最初で最後の富士山登山
山仲間と一緒に富士山に登ることにしました。
メンバー全員が60歳以上と言うことで、ガイドさんがついてくれるツアーを利用しての登山です。

1日目
新千歳空港で他のツアー客と合流し、飛行機で羽田空港に向かいます。
羽田空港からはチャーターバスで富士山五合目の登山口へ。
五合目のお土産屋さんの3階で着替えて、さあ出発です。
(この時、既に午後5時です。)

最初はなだらかな山道をゆっくりと進みます。
後方を振り返ると、既に雲海が見えます。
(さすが日本一の山です。)

高齢者が多いツアーなので、ゆっくりとした進行が続きます。
1日目の宿泊先「花小屋」に到着したのは午後7時半で、既に暗くなっていました。

狭い寝所で荷物整理をしたあと、お待ちかねの夕食です。
と言っても、山小屋の食事ですから期待は出来ません。

初日で気持ちが高ぶっているせいか、就寝時間になっても寝付けません。
(と言いながらいつの間にか寝付いていましたが。)

○御朱印をいただいた小御嶽神社
20170727_1.jpg

○雲海が見えて、思わすヤッホーと言いたくなります。
20170727_2.jpg

2日目
ご来光を見るため、4時に起き出します。
山小屋の外に出ると、雲海以外にも雲がありますが、ご来光が期待できそうな空模様です。
そして・・・・・・・・キター! 
ご来光が見えました。

午前6時に山小屋を出発です。
この日は11時間、10キロを歩く予定です。
(一番キツイ行程!)

頂上近くなると、体調の異変を感じる私です。
単に体力でへばっているのかな?と思ったのですが、高山病のかかりはじめのようです。

午後1時頃に山頂に到着。
仲間と記念撮影したり、御朱印を戴いたりして、今度は下山開始です。

下山道はブル道で歩きやすく、この日は雨で少しお湿りだったので粉塵もたたず、好条件でした。
(私の体調は下降一直線)

午後5時頃に2泊目の宿泊先「東洋館」に到着。
寝所で荷物整理をしていても、気持ちが悪くて最悪です。

夕食時になっても食欲どころかトイレで何度も吐いていました。
結局、夕食はお茶を戴いただけです。

就寝時間になり寝袋に入っても気持ちが悪くなり、再びトイレへ!
横になると気持ち悪くなるため、上体を起こして時間を過ごし、睡眠時間が少ししかとれませんでした。

○ご来光と雲海が美しいです。ヤッター!
20170728_1.jpg

○まだまだ先には山小屋が連なります。空もこの時は真っ青!
20170728_2.jpg

○金剛棒を手にしている方は焼き印をお願いしていました。
20170728_3.jpg

3日目
ご来光を見るため午前4時に起床。
あまり寝た気がしませんが、とりあえずカメラを手に外に出ます。
しかし、前方の空は雲一面で、ご来光を崇めることは出来ませんでした。

朝食はやっぱり無理でした。
お茶だけで済ませて出発準備です。
途中でエネルギー不足になるのではと不安いっぱいです。

天候も曇ったり霧雨、雨とめまぐるしく変化します。
五合目の登山口に到着したときはちょっと強い雨となっていた。
とりあえずエネルギーは保ちました。

帰路用に着替え、チャーターバスで「紅富士の湯」という温泉で疲れを流します。
昼食には自動販売機の牛乳だけです。
温泉で家族のお土産も購入し、飛行機で再び北海道に帰りました。

○お別れ近くになってガイドさん達を記念撮影です。
20170729_1.jpg

3日間を振り返って、山頂まで登れた達成感はありますが、高山病のため、仲間に心配をかけたのは申し訳なかったですね。
来年は高尾山に行こうと皆さん張り切っていますが。

カラダにいいこと TB(0) CM(0) 

New LogTop LogOld Log

COMMENT


PREV PAGE   TOP   NEXT PAGE