プロフィール

WanWanHouse777

Author:WanWanHouse777
我が家のスローライフをご紹介します。

FC2カウンター
キネンビ
多機能カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事+コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ 家づくり奮闘記コンテスト
オールドレンズで気になるデジカメ
私が主に使用するデジカメは
  Nikon D600
です。

イメージセンサーが汚れるなどの不満がある機種ですが、それなりに愛着もあります。
使用頻度が多いので、手に馴染んでいる部分も多いです。

でも、ニコン以外のデジカメも気になります。

別メーカーのデジカメに手を出すとなると、ボディはともかく、レンズまでは手が出ません。
ニコンのレンズが使えるとありがたいです。

こんな時に便利なのが
   マウントアダプター
です。
他社レンズマントであってもボディに取り付けられるありがたいアイテムです。

ただし、制約も多いです。
ほとんどの製品がボディとレンズ間の電子接続が無いため、
   オートフォーカスが効かない
   レンズの手ぶれ補正が効かない
   絞りがマニュアルになる
等、いろいろな面で自動の恩恵を受けていたものが利用できません。

それでも他社製レンズやオールドレンズを利用するメリット(楽しみ)があります。
以前ご紹介した
   ロシア製レンズ Helios 44-2
なんかその典型です。

他社製レンズを使用する際に、一番問題になるのが
   フランジバック
です。
これはニコンのボディを使用する場合に問題となります。
というのは、ニコンのフランジバックは
   46.5ミリ
となっています。
この長さは、他社と比較して非常に長くなっており、今となってはFマウントの弱点とも言われています。

フランジバックとは、レンズマウント取り付け部からイメージセンサーまでの距離をいいます。
DMA-mirrorless.jpg
※↑図は意外と知らない!?ハイエンドコンデジ&ミラーレス7つの新常識からお借りしました。

そのため、フランジバックが短い他社レンズを取り付けると、焦点合致位置がイメージセンサーよりも手前になるために無限遠にピントが合いません。(ピントがイメージセンサーの後方になる場合は、マウントアダプターを長くすれば解決します。)
先日購入したロシア製レンズで遠距離にピントが合わないのも、これが原因でした。

でも、逆に言えば、ニコン製交換レンズなら他社製ボディに取り付けが可能(マウントアダプターがあれば)という理屈です。

では、どこのメーカーのボディにニコン製交換レンズを取り付けるか?
これから考えてみたいと思います。

カメラ TB(0) CM(0) 

New LogTop LogOld Log

COMMENT


PREV PAGE   TOP   NEXT PAGE