ハイムでスローライフ

『マイホーム大作戦 ハイムでご新居!』のタイトルを変更しました。定年後からセキスイハイムに住み始めました。

プロフィール

WanWanHouse777

Author:WanWanHouse777
我が家のスローライフをご紹介します。

FC2カウンター

キネンビ

最近の記事+コメント

ツリーカテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ 家づくり奮闘記コンテスト

フィルムカメラの電池に泣く!

昔からカメラを愛用していた者から見ると、カメラ用のマイナーな電池仕様は困りものです。

ニコンF100は単三乾電池なので問題はありません。
(4本も使用しますが)

オリンパスOM2はとっくに処分していますが、SR44という今でも簡単に入手可能なボタン電池です。

我が家で一番古いフィルムカメラが
  ブロニカ ETSR
です。
20170209_1.jpg

いわゆる中型カメラで、フィルムはブロニー版120を使用する、かなり古いカメラです。
フィルムが特殊なので、ほとんど登場することはありませんが、高価なカメラなので処分もできません。
堅牢なカメラバックに入れたまま長年放置されたままです。
(電池は抜いてありますが)

このまま放置していたら動かなくなると思い、この度、使ってみることにしました。
とりあえず電池を交換です。

でも、この電池、ヤマダ電機に行ってもありません。
店員に聞いても「取り扱っていません」と悲しいご返事。

その電池というのがこれ↓
20170209_2.jpg

2CR1/3N-1BPという単5電池みたいな型の6V電池です。

電気店で手に入らないなら、困ったときのアマゾンです。
こんな電池1個で
   1,280円
もします。
4LR44電池を使う荒技アイテムも販売されていますが、とりあえず正規電池を手に入れることにしました。↓
20170209_3.jpg

届いた電池をさっそくカメラにセットします。
20170209_4.jpg

これで準備万端です。

さっそくシャッターを押してみます。
ボディからミラーが上がる音が聞こえます。

まだ動くぞ!

と感激も一瞬だけでした。
よく見ると、レンズ内のシャッターが開いていません!

このカメラはレンズ内シャッター方式で、交換レンズ内にシャッターが組み込まれています。
そのシャッター(絞り兼用)が全く動いていません。

ボディ後部のフィルムバックを取り外して確認したところ、レンズ前面から全く光が入ってきていません。
これでは役に立ちません。
ボディが壊れているのか、レンズが故障しているのか判断のしようがありません。

マウント部の接点を無水エタノールで清掃したり、何度もシャッターを切ったりしていると、時々シャッターが開くようになりました。
今のところ6~7割の確立でシャッターが開いているようです。

ところが、さらに問題が発生!

オートモード(プログラムAE?)にセットしてもシャッター速度に変化がありません!
マニュアルモードにするとシャッター速度が変化するので、マニュアルなら何とかなりそうです。

結論は、使用するときは覚悟がいるカメラということです。
シャッターが開く確率は6~7割
マニュアルモードなら使用可能

この重いカメラを、リスクを抱えて持ち出すのは勇気がいります。

この記事に対するコメント

ハイムでスローライフ

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


前後の記事の案内

トラックバック

トラックバックURL
→http://wanwanhouse777.blog54.fc2.com/tb.php/1288-3e645048
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright © ハイムでスローライフ All Rights Reserved.
バンド募集のキング コールマン ランタン