タイトル画像

入居してからのランニングコスト

2016.01.09(15:07) 1210

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ 家づくり奮闘記コンテスト
ご新居を計画している時が一番楽しいです。
しかし、設備などは、よく考えて選ばないと、その後とんでもないことになります。
その典型がランニングコストです。

我が家のランニングコストで一番問題なのが電気代です。
まさかこんなに値上がりするとは思いませんでした。
我が家を建てる少し前、灯油代が高騰していました。
しかし、今は全国的に電気代が高くなり、家を建てる方の多くは
   オール電化
をやめて、暖房にガスや灯油を使っています。
私も、今頃家の計画を立てたら、暖房は灯油を検討したことでしょう。

しかし、この先何十年も電気が高いのかというと、それは全く不明です。
もしかしたらもっと高くなるかもしれないし、逆にガスや灯油が値上がりするかもしれません。
何十年も先のことなんて誰も知りようが無いですね。

次にランニングコストで問題になるのは、設備の維持費です。
数年で消耗するパーツを必要としている設備や、壊れやすい設備は考えた方がいいです。
便利な設備ほど故障率が高くなります。
それは家電製品も同じですね。
家電製品の製品寿命が短いのは、高性能化が一番の原因と考えてい余す。
(中国製品が多いのも原因のひとつかもしれませんが)

私の場合は、あまり便利な設備は採用しませんでした。
便利=高機能=高い
こんな数式が成立します。
例えばキッチンの蛇口です。
我が家でもセンサー式やタッチ式を検討しました。
便利そうだし、かっこいいですよね。
ハイムの担当さんに聞いたら、やっぱり「壊れやすいですよ」と即答が帰ってきました。
ネットで調べてみると、5年くらいで故障しているようです。
(早ければ2~3年で故障!)
それなのに修理代は5~10万円もかかるそうです。
我が家では無理です!

次にビルトイン式の浄水器です。
地域によっては水道水の質が悪くて、水道水を飲料用に使うことに抵抗があると聞きます。
私が住んでいる地域では、水道水と同じ原水がミネラルウォーターに使われるくらい水質に恵まれているので、浄水器を採用しようとは考えませんでした。
それに、浄水器を採用してもフィルターの交換費用が馬鹿になりません。
浄水器のフィルターは機種によって交換頻度が異なりますが、
    安ければ 1年 7,000円
    高ければ 1年 15,000円
もかかります。
水を飲むのに、毎年これだけのフィルター交換費用がかかると思うと憂鬱ですね。
フィルターを交換せずに使用することは、汚れや細菌が蓄積した場所を通過した水を飲むことになります。
フィルターを取り外している方も多いようです。

トイレの水もランニングコストとしては馬鹿に出来ません。
現在は節水型が主流になっていますが、デザイン優先で選び、あとから水の使用量が多いと驚いても遅いです。
昔、貯水タンクにペットボトル等を入れて水を節約しようとして、逆にトイレを詰まらせて修理代がかかったという話しも聞いたことがあります。
家族が多いほどトイレの水の使用量が多くなります。
この点は重要ですね。
水道料金は各自治体で金額が異なります。
我が家の場合、転勤で移動しているのですが、自治体で水道料金が倍以上差がありました。

上水道や下水道が整備されていない田舎に住んだこともあります。
上水道は電気ポンプで地下水を吸い上げ、汚水は浄化槽に流していました。
ランニングコストは断然安いです。
その地域では、自治体から上水道設置の話しが出ても誰も採用するとは言いませんでした。
当然です、上水道を設置しても住民には何もメリットが無いのですから。
逆に無料だった水道料が有用になるのですからね。

家を計画するのは、考えれば考えるほど奥行きが深いです。
我が家のように思いつき、勢いで話しを進めてしまうと、あとから多々反省点が生じてしまいます。
しかし、うん千万もする買い物は、やっぱり勢いが無ければ進みませんね。



ハイムでスローライフ


<<札幌へ写真を撮りに・・・ | ホームへ | 三脚立てて手ぶれ補正OFFにしないと悲惨!>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wanwanhouse777.blog54.fc2.com/tb.php/1210-ffaafc4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)