タイトル画像

暖房と給湯の紹介

2009.10.30(11:39) 121

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ 家づくり奮闘記コンテスト
今回は暖房設備と給湯設備を紹介します。
すでに建ってしまった新居のネタも小出しで乗せていますが、だんだんネタ切れに近づいています。

ボイラー  ローボーイ
さて暖房ですが、メインは電気ボイラーを設置しました。
階段下収納に電気ボイラーを設置し、各部屋にヒーターを取り付けたわけですが、トール窓を取り付けた箇所だけローボーイという背の低い暖房パネルを取り付けました。
これらの窓は、当初は家が西向きに建つ予定だったので和高トールを取り付ける予定だったのですが、急遽家の向きが南向きに変わったことから、これらの窓もトールに変更となり、暖房も背の低い仕様に変更となったわけです。
他のパネルと比較すると、ちょっと高級感がありますね。
Elpanna と言う製品で出力は6.4KWです。

蓄熱式暖房機
次に補助暖房ですが、蓄熱式暖房をリビングに設置しました。
光熱代金のことを考えると、電気料金がドリーム8の蓄熱暖房をメインにすると割安になるのですが、全室蓄熱式暖房を設置すると、初期投資が一気に高くなるため断念しました。
春や秋のそれほど寒くない季節は蓄暖で間に合いそうです。
白山製作所製のRDF-4040という製品で出力は4KWです。

エコキュート
給湯はコロナのエコキュートです。
460リットルと3人家族にはオーバースペックかもしれませんね。
追い炊きが可能なフルオートとのことです。
CHP-461DA8Kという製品です。
コロナでは既に新しい機種が出て、HP上からは既に消されてしまっているようです。

ハイムでスローライフ


<<暖房の紹介の追加です | ホームへ | 高機能ブラウザ Firefox のプラグインで・・・>>
コメント
こんばんは!!!
電気ボイラーですか。わが家には提案すらありませんでした。
でも朝から雪が降っているような日は1日寒くて寒くて…

宮城県はメインは蓄暖にして、補助暖房にエアコンで対応するのが多いですね。

【2009/10/30 22:17】 | ノリスケ #- | [edit]
ノリスケさん、こんにちは

地域が異なると暖房関係の考え方も異なるようですね。
北海道でも蓄暖をメインにしている方も居ますが、今のところ少数派のようです。
補助暖房にエアコンは、さすがに熱量不足で無理ですね。
家が更に高気密、高断熱化が進むとエアコンの時代も来るかもしれませんね。

北海道では数年前までは暖房を灯油ボイラーにする方が多かったのですが、今では圧倒的にオール電化になり、新築住宅の8割以上がオール電化になっているようです。
電気による暖房のメインが何になるのか、これからも新製品が登場してくることでしょう。
【2009/10/31 08:50】 | wanwanhouse #RgHKQykw | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wanwanhouse777.blog54.fc2.com/tb.php/121-dd653177
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)