プロフィール

WanWanHouse777

Author:WanWanHouse777
我が家のスローライフをご紹介します。

FC2カウンター
キネンビ
多機能カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事+コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ 家づくり奮闘記コンテスト
久々の韓流ドラマ~ソドンヨ(薯童謠)
韓流ドラマをあまり見なくなりましたが、
   ソドンヨ(薯童謠)
を見始めました。
とにかく、スカパーで録画し、未だに見ていない韓流ドラマが沢山残っています。

ソドンヨというドラマについて簡単に説明すると、
----------------------------------------------------------------
薯童謠(ソドンヨ)とは韓国内で初めて作られたといわれている四句体の郷歌のこと。
郷歌とは三国時代、百済の薯童王子(百済武王の幼名)が、新羅第26代眞平王の時代に書いたといわれる民謡形式の歌。
このドラマは韓国では一般的によく知られている薯童王子と善花姫の説話をベースにして、百済武王の成長過程と、熾烈に繰り広げられた百済の王位継承争い、そして国境を越えた愛、百済と新羅両国の宮廷裏面史を描いた壮大なスケールの物語だ。
なかでも韓国ドラマ史上初となる百済王国の再現は、もっとも注目すべき点だろう。
新羅や高句麗とは違い三国のうち遺跡や史料が少なく、学問的な研究も不充分な百済王国。しかし大部分の史料が消失したにもかかわらず、その偉業は日本と中国等の史料に多く残されている。ドラマでは百済がどのような技術と文化を享受したのか、なぜ文化と技術を重視したのか、そして当時の先端技術と文化をどのように維持したのかを、登場人物をとおして生き生きと再現する。またこのドラマは権力争いの勝者としての王ではなく、最高経営者としての王のサクセスストーリーを映しだす。

SBS創社 15周年記念、54部作の大河ドラマ『薯童謠』は、これまで朝鮮時代を中心に描かれた時代劇から視点を大きく移し、それより1400年前、三国時代の百済にまでさかのぼり、西紀 578年百済 27代国王威徳王の時代から、西紀 610年百済 30代国王武王までの 10年間の物語を描いた作品である。
幼い頃賎民として生きるしかなかった武王(薯童)の波乱万丈な人生、新羅善花姫との燃えるような恋、そして自分の身分を知り王位につくまでの複雑な過程が、MBC『大長今(チャングムの誓い)』のキム・ヨンヒョン作家とイ・ビョンフンPDの手で再現される。
もう一つ見逃してはならないのが、百済時代の豪華な文化と技術を再現しながら、百済の博士制度にスポットライトを当てるところ。なかでも「七支刀」の発明から製作までを伝える部分は大変興味深い。そして忘れてはならないのが、両者が一番力を注ごうとしている、薯童と善花姫のラブストーリー。『大長今』でいまひとつ生かされなかった恋の部分を、こちらでは完ぺきに描いてみせるという両者の意気込みには目を見張るものがある。「賎民の子と、敵国の姫」という出会いからしてドラマティックな設定なだけに、ロミオとジュリエットよりもさらに切ないラブストーリーになるだろうと期待されている。
(以上KNTVからの引用です)
----------------------------------------------------------------

時代背景は、善德女王や階伯(ケベク) を見た後ならわかりやすいかもしれませんね。

全55話と、ちょっと長いです。

20150411_3.jpg

ところで最近、百済(くだら)をペクチェと、新羅(しらぎ)をシルラと言ったりして、時々日本語読みを忘れてしまうのは、間違いなく韓流ドラマ病ですね。

ドラマ・映画鑑賞 TB(0) CM(2) 

New LogTop LogOld Log

たびお URL 2015/04/11 22:53 #- EDIT
ソドンヨ面白いですよ。(^_^)v
(私はこれで、韓流ドラマ見る様になりました。)

WanWanHouse777 URL 2015/04/12 10:28 #- EDIT
たびおさん、こんにちは

今のところ11話まで見ていますが、確かにおもしろいですね。
韓流ドラマの時代物としては定番の流れですが、日本のドラマと違って史実を元に自由に展開しているのが面白さの原因かもしれません。
午前中に見たところでは、主人公が姫に百済出身であることを告げたところでした。
この後の展開が楽しみです。

COMMENT


PREV PAGE   TOP   NEXT PAGE