プロフィール

WanWanHouse777

Author:WanWanHouse777
我が家のスローライフをご紹介します。

FC2カウンター
キネンビ
多機能カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事+コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ 家づくり奮闘記コンテスト
体重計を買い換えました
20年くらい前に購入した体重計があるのですが、今回、新しい製品に買い換えました。
たまたまヤマダ電機にぶらりと寄った際に、なんとなく体重計が気になりました。
現在使用している体重計に不満があるわけではないけど、ちょっと(かなり)古くさいです。
デジタル表示で、体重と体脂肪率が表示されます。機能的にも何も問題ありませんが・・・・・

気になったときが買い時と買い換えることにしました。
購入したのはタニタ製の
    体組成計 インナースキャン50 BC-31
です。
この体重計には次の機能があります。
---------------------------------------------------------------
【体脂肪率 0.1%単位】
本当の「肥満」は体重だけでなく体脂肪率で判断する。
体脂肪は活動エネルギー源になるだけでなく、体温を保つ、外的衝撃から体を守る、皮膚に潤いを与える、
滑らかなボディーラインを形作る、正常なホルモンの働きを保つなどの役割がある。
しかし、体脂肪率が高すぎると高脂血症、高血圧、糖尿病などの生活習慣病の原因になる。
子どもの肥満も成人と同様に高脂血症、高血圧、糖尿病といったさまざまな健康障害を引き起こす可能性がある。
また、子どもの肥満の多くが成人肥満へ移行するという報告もある。
子どものうちから適切な体脂肪率の維持を心がけよう。

【筋肉量】
筋肉量が減るとエネルギー消費が減るため脂肪が蓄積しやすくなり、さまざまな病気の原因にもなる。
筋肉量に注意を払うことは健康と美容のために大切。
タニタでは筋肉量と、身長に対してどのくらいの筋肉があるかがわかる「筋肉量スコア」を表示する。

【体内年齢】
体組成と基礎代謝の年齢傾向からタニタ独自の研究により、体内年齢を1才単位で表示する。

【BMI】(Body Mass Index:ボディ・マス・インデックス)
WHO(世界保健機構)が提唱する肥満を判断するための基準の一つで、下記の計算式で表される。
BMIの計算式 BMI = 体重(kg) ÷ 身長(m) ÷ 身長(m)
BMIから導き出した標準体重 標準体重 = 22 × 身長(m) × 身長(m)

【体重最小表示 50g】
ダイエット計画は1日50g-100g減が理想。できるだけ自然にゆっくりと体重を減らすことでリバウンドしようとする力を抑える。
これがダイエット成功のコツ。わずかな体重の変化にも十分な意味があるので、毎日チェックして記録することで、ダイエットの励みに。

【内臓脂肪レベル】
腹筋の内側、内臓の周りについた脂肪のことを内臓脂肪という。
メタボリックシンドロームに代表されるように、内臓脂肪の過剰な蓄積は循環器系疾患などの生活習慣病の発症と密接な関係があるとされている。
タニタの体組成計では、内臓脂肪の状態を内臓脂肪レベルとして表示している。医学的な判断については、医師に相談すること。

【基礎代謝量】
基礎代謝とは、生きていくために最低限必要なエネルギーのこと。通常、1日の総消費エネルギー量の内約70%を占める。
基礎代謝量が多い人は脂肪が燃えやすい体で肥満になりにくく、少ない人は脂肪が燃えにくい体で太りやすいと言われる。
基礎代謝は筋肉を中心に消費されるため、基礎代謝量も筋肉量によって左右され、同じ体重でも筋肉量の多い人の方が基礎代謝は高くなる。

【推定骨量】
体を支えたり、内臓や脳を保護するなど大切な役割を果たす骨。骨全体に含まれるミネラル(カルシウムなど)の量を「骨量」という。
20才頃に最大の骨量となり、その後加齢とともに徐々に減少していく。無理なダイエットは骨量の低下を招くので避ける。
タニタでは、除脂肪量(脂肪以外の組織)との相関関係をもとに統計的に推定した「推定骨量」を表示する。

---------------------------------------------------------------
以上、アマゾンの製品紹介から引用

さっそく計ってみたところ、体内年齢が52歳と表示されました。
実際よりも8歳も若く表示され、単純に喜んでしまいました。

古い方の体重計のメーカーを確認したところ、偶然にも同じタニタ製でした。

○左が今回購入したもの。
20141115.jpg
カラダにいいこと TB(0) CM(0) 

New LogTop LogOld Log

COMMENT


PREV PAGE   TOP   NEXT PAGE