プロフィール

WanWanHouse777

Author:WanWanHouse777
我が家のスローライフをご紹介します。

FC2カウンター
キネンビ
多機能カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最近の記事+コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ 家づくり奮闘記コンテスト
ミスター・スポックは永遠だ!
ミスター・スポックことレナード・ニモイさんが2月27日に亡くなりました。
83歳でした。
お悔やみ申し上げます。

我が家は『スタートレック』の大ファンです。
スカパーで放送されたスタートレック(最初は宇宙大作戦)をすべて録画し、大切に保管しています。
映画版はDVDを購入しました。

20150228_1.jpg
ドラマ・映画鑑賞 TB(0) CM(0) 


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ 家づくり奮闘記コンテスト
吹き抜けは寒い~これから家を建てる方へ
私からの提案第2弾です。

吹き抜けを採用している方は、寒さで悩まされているようです。
我が家では吹き抜けを採用しておりませんが、ご近所の若いご夫婦は吹き抜けを採用している方が多いです。
そして・・・・・寒いと愚痴を聞かされています。

リビング内階段も同様ですが、吹き抜けも2階からの冷気がリビングに降りてくる原因になります。
天井が高くて開放的な気分になれるので、吹き抜けも悪くはありませんが、冬期間は大変です。

そこで私からの提案です。

リビングの吹き抜けを煙突状態に密閉するのです。
吹き抜けに2階の廊下や居室からの空気が流れてこないようにするのです。
2階からリビング内を見下ろせる廊下等を設けている家を見かますが、これは絶対にいけません。
(普通の吹き抜けがこれだとは思いますが、窓を設けるなどして辛抱してください。)

2階からの冷気が流れ込んで来なければ、寒さも少しは和らぐことでしょう。
さらに吹き抜けの天井、もしくは高い位置に扇風機を設置し、高い位置にある暖かい空気を下に流す工夫が出来ればいいですね。

この提案、如何でしょうか?
間取り TB(0) CM(0) 


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ 家づくり奮闘記コンテスト
ハイムと言えどもリビング内階段は寒い~これから家を建てる方へ
少しずつ春らしくなってきました。
昨晩は大雪警報が出ていたのですが、結果は気温が下がらなかったおかげで雨天となり、今朝起きてみるとシャーベット状の雪が少し積もっているだけでした。
北海道東部では本当に大雪になっていて、大変だったようです。

ところでリビング内階段ですが、2階の室温を下げればどうしても冷気が1階に流れ込んでしまいます。
これは構造上仕方がありません。
あったかハイムと言えどもやっぱり寒いです。
(日中の気温が高い日は感じませんが)

ではどうするか?

階段からの冷気がリビング内に流れ込まないようにするのです。
私がこれから提案するのは、これから家を建てる方に対するもので、既に建ててしまった方は階段にカーテンを掛けるなどして我慢してください。(我が家もです)

リビング内階段を採用する一番の理由は、子供が外から帰ってきたときや友達が子供の部屋に出入りする際に、リビングを通らずに玄関から直接出入りが出来ると、親の目が届かないことです。
年頃の子供を持つと、やっぱり心配です。

そこで提案ですが、階段の上り口をリビングから見える場所にして、リビングと階段上り口の間に透明ガラスのドアを設けては如何でしょうか。
玄関から入ってきた子供は、いったんリビング内の親からガラス越しで見える場所を経由して2階に上がることになります。
当然、その分のスペースが必要になり、1坪近く占めてしまうので、当然建築料金にも反映されますが、2階からの冷気に悩まされずに済む都思います。

(言葉だけで分かりますか?)

ネットから適当な間取りをお借りしました。
これはリビング内階段ではありませんが、階段降り口がリビング内にあるとの仮定です。
水色部分に透明ガラス戸を設けると、2階からの人の出入りがリビングからも見え見えになります。

20150227.jpg

案外、いい提案だと思いませんか?(自画自賛です)
間取り TB(0) CM(0) 


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ 家づくり奮闘記コンテスト
デジスコへの道~再び痛恨の注文ミス!
デジスコ関係の記事が続きます。

注文していたデジスコ撮影機材が届きました。
カメラは
   NIKON 1 J4
です。
これはAmazonに注文しました。
20150225_1.jpg

デジカメ用ブランケット関係は『でじすこや』というデジスコ専門店に注文し、これも今日届きました。
20150225_2.jpg

デジカメは既に何種類か所有していますが、合う専用カメラブラケットが無いため、再びデジカメの購入となりました。
今回購入した NIKON1 J4 はミラーレスで、シャッターを押してもミラーアップの衝撃が無いため、デジスコに好条件となっており、専用ブラケットも発売されています。

荷ほどきし、カメラにブラケットを装着しようとしましたが・・・・・何故かうまくいきません。
変だな・・・・・四苦八苦していると、説明書のレンズの写真と今回購入したレンズの写真が違うことに気づきました。
私が今回購入したのは
   ダブルズームレンズキット
です。
ダブルズームレンズとは
   1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM
   1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
の2本のレンズがセットになっています。

今回購入したカメラブラケットTurbo Adapter BR-N1 1030は
   1 NIKKOR VR 10-30mmf/3.5-5.6
専用になっています。
よく見るとPD-ZOOMの有無が異なります。

そうなんです、
   1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM
   1 NIKKOR VR 10-30mmf/3.5-5.6
は全く別のレンズなんですね。
ショック!

今回はちゃんと確認して注文したつもりだったんですが、再び痛恨の注文ミスです。
調べてみると、J4から標準ズームレンズが
   1 NIKKOR VR 10-30mmf/3.5-5.6
から
   1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM
に変更になったのです。
返品手続きをするわけにも行かないので、同じようなレンズがタブってしまいますが、
   1 NIKKOR VR 10-30mmf/3.5-5.6
を追加注文することにします。
全くの余分な出費になってしまいました。

注文しようと調べてみると、なんと
   1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
リコール対象になっていました。
修理済みレンズが市場に出回るのがいつになるか不明なので、とりあえず購入してからリコール修理をお願いした方が早いかもしれません。

なかなかデジスコ本番に進みません!
カメラ TB(0) CM(0) 


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ 家づくり奮闘記コンテスト
デジスコへの道~痛恨の発注ミス
つい先日、ジンバル雲台を購入したばかりなのに・・・・・
ひと思いにと
    フィールドスコープ
を注文してしまいました。

私が選んだのは
    Kowa TSN-774 PROMINAR
です。
同時にアイピース(接眼レンズ)も注文しました。

今日、注文した品物がアマゾンから届きましたが、荷ほどきをしてビックリ!
注文ミスに気づきました。

フィールドスコープは希望の品が届きました。
20150223_1.jpg

しかし、アイピースは
    Kowa アイピース TE-17W 30倍ワイド
を注文すべきなのに
    Kowa アイピース TE-14WD 30倍ワイド
を注文してしまい、フィールドスコープに取り付けることが出来ません。
20150223_2.jpg

私が間違って注文したアイピースはTSN-660/TSN-600シリーズ用の製品です。
痛恨の発注ミスです。

今回注文したアマゾンに返品もしくは交換(差額は追い金で)してもらえるか確認したところ、返品可能なことが判明しました。
この辺はネット通販大手のアマゾンですね。
さっそくネットで返品の手続きを済ませ、明日にも奥さんに返送してもらいます。

返品手続き後、さっそく(懲りもせず)
     Kowa アイピース TE-17W 30倍ワイド
を注文しました。

今回の買い物は私にとって大きな出費です。
フィールドスコープが
    143,573円
アイピースが
     33,097円
で、合計金額は
    176,670円
になります。
私のへそくりが激減してしまいました。

しかし、デジスコへの道(機材購入)は未だ続きます!
いくらかかるんだ!!


カメラ TB(0) CM(0) 


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ 家づくり奮闘記コンテスト
確定申告でお金が戻ってきた!
先月末に済ませた確定申告の結果、還付金の通知が届きました。
申請どおり約84,000円が還付されるようです。
指定口座への入金は今月末ですが、思っていた以上の金額だったのでちょっと嬉しいです。
(払いすぎた分が戻ってくるだけなんだけどね)

kakutei.jpg

趣味の世界 TB(0) CM(0) 


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ 家づくり奮闘記コンテスト
奥さん追っかけ時代の記念品
奥さんが実家で古い荷物を整理していたら、懐かしい色紙が出てきました。
奥さんが東京に住んでいた女子高生、女子大生時代の記念品です。

○松田優作がGパン刑事をやっていた頃のもの
20150220_1.jpg


○奥さんが大好きで追っかけしていたガロの色紙
20150220_3.jpg

○同じくガロの色紙
20150220_4.jpg

○ガロのマーク(堀内護)の色紙。日付を見ると、上の色紙の翌日です!連チャンで押しかけていたようです。
20150220_5.jpg

○これ、誰の色紙か分かりません。『ともだち』とだけ読めるんですが・・・・
 分かる方おりましたら、コメント願います。
20150220_2.jpg
マダムの暇つぶし TB(0) CM(0) 


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ 家づくり奮闘記コンテスト
デジスコへの道~ジンバルを購入
遅々として進まないデジスコ計画ですが、今回は
    Gimbal Tripod Head BK-45
を購入しました。
いわゆるジンバル雲台です。

ジンバルはアマゾンで見ると上は50,000円くらいから下は10,000円未満と幅があります。
たぶんお値段の高い製品が安心なのでしょうが、お金が無い私は10,300円の製品を選びました。
購入者の評価もそれなりに高そうなので・・・・・

アマゾンで注文し、数日後に荷物が届きました。
しかし、アマゾンのいつもの梱包ではありません???
よく見ると海外からの航空便です!
商品説明には並行輸入と書いてありましたが、まさか中国深圳市から発送とは思いもよりませんでした。

20150219_1.jpg

○梱包から取り出したところ。
20150219_2.jpg

○さっそく三脚に取り付けようとします。
20150219_3.jpg

○標準の雲台を取り外しました。
20150219_4.jpg

○ネジ穴サイズが合わないため取り付けできません。
アマゾンの商品紹介欄にダブルネジアダプターが一緒に紹介されていたため、もしかしたらアダプターが必要かもしれないと危惧していたのですが・・・・・
20150219_5.jpg

○ダブルネジアダプターを追加注文しました。
このネジ1本で481円です!
20150219_6.jpg

○取り外した雲台のネジ穴はこんな感じです。
20150219_7.jpg

○ネジ穴にダブルネジアダプターを入れました。ぴったり入りました。
20150219_8.jpg

○三脚にジンバル雲台が無事取り付けられました。
次はスコープの注文です。(いつになるやら)
20150219_9.jpg

ジンバル雲台のメリットは下の動画を参考にしてください。(別製品ですが)
大型望遠レンズやスコープを取り付けたときの安定感が全然違います!(たぶん)


カメラ TB(0) CM(0) 


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ 家づくり奮闘記コンテスト
ドアとドアの間にすき間!
2階のタンス置場所にはドアが設けられています。
ほとんど閉めることが無いドアですが、今日、たまたま閉めたところ、ドア上部に1センチ以上のすき間が出来ていました。
これ何じゃ!
上側のレールもはがれ落ちかかっているし、ちょっと問題です。

プラスチック製のレールは、押せば引っ込むのですが、直ぐに下がってしまいます。
ドアにすき間が生じているのはレールが原因ではなさそうです。

機会があったらハイムさんに直し方を聞きたいです。

20150217.jpg
設備 TB(0) CM(0) 


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ 家づくり奮闘記コンテスト
写真撮影会
定年退職したので、趣味の仲間と集いたいと、地元の写真クラブに加えていただきました。
ホームページで地域の写真クラブを検索し、メールで入会を申し込みました。

今日は、入会後初めての集まりです。
会員は15名近くいるようで、全員が初対面です。
老若男女いろいろな方が参加していました。

開店前のホームセンター駐車場に集合し、挨拶などを交わしてさっそく会場の
   樽前ガロー
に向かいました。

山中に入り、車から下車後、川(沢?)で写真撮影です。
岩肌の苔の色がとても美しいところでした。

熊は出ないと言っていますが、ところどころに熊出没注意の看板があります。
北海道の山で熊が生息していないところはありませんからね。

9時頃から写真撮影を始め、場所の移動を繰り返して、撮影が終了したのはちょうどお昼でした。
ご近所に住む(仮住まい)方から昼食までごちそうになってしまいました。
野鳥もたくさん生息し、野鳥観察にもぴったりの場所でした。

20150215_1.jpg

20150215_2.jpg

20150215_3.jpg

20150215_4.jpg

カメラ TB(0) CM(0) 


PREV PAGE   TOP   NEXT PAGE