プロフィール

WanWanHouse777

Author:WanWanHouse777
我が家のスローライフをご紹介します。

FC2カウンター
キネンビ
多機能カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
最近の記事+コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ 家づくり奮闘記コンテスト
通行人から室内を見られないように
土地の西側に緑地帯がある前提で間取りを考えていました。
ところが、ご新居を久々に見に出掛けたところ、緑地帯のはずが舗装されていたことは既にブログでご紹介しました。

  緑地帯が舗装されていた!

そうなると、緑地帯のはずだった部分が歩道状態になったため、通行人が往来することになります。

緑地帯に樹木を植え、外から室内を見えにくくするはずだったのですが、そんな余地も無くなってしまいました。

【窓の直ぐ外は歩道!】
20110228.jpg

そのため、室内を見られない様に考えているのが
  プライバシーフイルム
を窓ガラスに貼ることです。

ネット上でググって探してみると、サンゲツのプライバシーフイルムを見つけました。
色々な模様がありますが、お気に入りは次の3点です。

アストラル・シルバー
PS-photo1.jpg

プリズム・シルバー
PS-photo2.jpg

プリズム・ノワール
PS-photo3.jpg

いずれもテープ等の製造で有名な3M社の製品です。

自分で貼る工程も紹介されていますが、これらのフィルムは意外にお値段が高いのです。
10センチ単位で販売されていますが、10センチ約600円前後します。
西側の窓全体に貼ることを考えると1万円以上になります。
自分で貼って失敗したら・・・・と思うと、ちょっと自信がありません。
奥さんは「ハイムさんに頼めば」と言いますが、無料って訳にもいかないし・・・・。
テーマ : マイホーム
ジャンル : ライフ
設備 TB(0) CM(0) 


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ 家づくり奮闘記コンテスト
今冬は寒冷から暖冬へ
北海道十勝地方の最近は春めいた暖かい日が続いています。

今冬は雪も少なくて過ごしやすいですね。

振り返ってみると、今冬の前半は寒い日が続きました。
天気予報によると、今冬の寒波が強くて、そのために十勝地方に雪が降らなかったとあります。

気象庁による日別平均気温をグラフ化してみたところ、1月下旬から気温が温暖傾向に移行したことが分かります。
このまま雪が降らないで欲しいのが本音ですが、冬期の除雪作業を請け負っている業者は悲鳴を上げているようです。
それに、山の積雪が少ないと、夏場の水不足にも関わってくるので、問題は単純じゃありませんね。

20110225_1.gif
テーマ : マイホーム
ジャンル : ライフ
太陽光発電 TB(0) CM(2) 


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ 家づくり奮闘記コンテスト
2月分の売電代入金
2月の売電入金額は6048円です。
1月中に売電した分ですが、金額が減少傾向にあります。
昨年のデーターを見ると、2月の売電(3月入金分)が一番悪くなっています。

今回はグラフの表示を変えてみました。
売電代の累積金額と月々の売電代の金額の差が大きくなって、グラフとして見にくくなってしまったからです。
今年の売電代は赤色棒グラフで表示しています。

20110220_1.gif
テーマ : マイホーム
ジャンル : ライフ
発電・売電 TB(0) CM(2) 


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ 家づくり奮闘記コンテスト
迷い続けて~壁面収納
入居までにリビングの壁面収納を決めたいと考えています。

入居自体何時になるか分からないため、考えているうちに迷い続けています。

何を迷っているかというと、壁面収納先をどこにするかです。
現在の選択肢は
  家具通販のディノス
  ハイムの大工さんにお願いする
  パナソニックのキュビオスにする
  ダイケンにする
の4点があります。

ディノスは一番安上がりになりそうですが、壁面に固定する作業が面倒ですね。

一番の有力候補が
  ダイケン
です。

キュビオスみたいに自分で組み合わせられるシステムで、シミュレーションソフトをダウンロードして組み合わせることが出来ます。

当方の設計条件としては
  間口は250センチメートル
  仏壇の棚を設ける
  ステレオスピーカーを入れる棚を設ける
の3点があります。

そしていくつかを考えてみました。

①幅40センチメートルのラックを3列設置し、スピーカーを縦置きにする。
小さな棚が多くなり、使い勝手が悪そうです。
daiken2.jpg

②幅53センチメートルのラックを2列設置し、スピーカーを横置きにする。
一番シンプルで、お値段も安そうです。
daiken3.jpg

③幅40センチメートルのラックを特注で30センチに変更してトール型スピーカーを入れる。53センチのラックに仏壇を設ける。
スピーカーがベランダ側になるため、音の広がりに問題がある。
daiken4.jpg

一度ダイケンのショールームで実物を見学したいです。
テーマ : マイホーム
ジャンル : ライフ
設備 TB(0) CM(0) 


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ 家づくり奮闘記コンテスト
ウォークインクローゼットって便利ですか?
我が家には小さいながらもウォークインクローゼットを設けました。

ウォークインクローゼットとは

人が歩いて入れる部屋型の大型収納スペースのことで、主に衣類の収納に使われる事が多い。

とされています。
人が入れることがミソですね。

でも、人が歩けるというのは、逆に人が歩くスペースが無駄だということです。

ウォークインクローゼットの例をいくつか挙げてみました。
赤い部分が人の歩くスペースです。
入口Aのパターンが一番無駄が多く、何と我が家がこれに該当します。

20110217_1.jpg

既に完成してしまったので、今さら後悔しても仕方がありませんが、やり直せるならウォークインクローゼットは作りません。
間取りの関係もあるので、間取りは位置から練り直しになるでしょうね。

では、収納はどうするのかというと、
  壁面いっぱいの押入
を作るのです。

押入というのは例えで、ドアは収納ドアっぽくないデザインを選びます。
奥行きが90センチもあれば、大抵の物が収まりますし、可動棚やハンガーパイプで使いやすく工夫したらいいと思います。

壁一面に収納を設けると、その前に物を置くことが出来ないのが欠点ですが、部屋によっては可能ではないでしょうか。

子供部屋を二つに区切って二人用にする時に、区切りに可動式壁面収納を設ける方が多いです。
そんな収納を壁面に設ける感じですね。

我が家のウォークインクローゼットも、工夫次第ではもっと使いやすく効率的に出来たのではないかと、いまさら後悔です。
(モデルハウスの広いウォークインクローゼットを見ると、どうしても憧れて採用してしまいます。)
テーマ : マイホーム
ジャンル : ライフ
間取り TB(0) CM(4) 


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ 家づくり奮闘記コンテスト
屋根の形状にも気をつけて
屋根の形状では陸屋根が好きだと前に紹介しました。

陸屋根を嫌う人も多いです。
形が平凡で、家の全体的なデザインがヤボッタイ?せいでしょうか。

私は今から16年前に中古の建売住宅を購入しています。
この家は、私の想像ですが、本州の雪が降らない地域の設計図で作られたもののようです。
大和ハウスの軽量鉄骨で、こじんまりとした一部2階建ての住宅でした。
(※このテーマは以前にも掲載していますね)

20110216_1.jpg

ところが、北海道の雪を考慮していないために、玄関前に雪が落ちてきます。
社宅に住んでいた時はあり得なかった現象です。
それに、2階の屋根からの雪や雨が1階の屋根に落ちる傾斜になっており、ちょうどリビングの天井から雪や雨が落ちてきた音がします。
雪の場合は
  ドドドドドッ!
ってな感じで、雨の場合は
  ボチボチボチボチ!
という感じです。

昔の家なので防音対策も無く、かなり耳障りです。

家を建てる時は、屋根の形にも工夫が必要ですね。
ハウスメーカーはプロですから、私の場合の様な失敗はもう無いと思いますが、デザイン優先で施主が無理矢理屋根の向きを変えてしまうと、とんでも無いことになってしまいます。

と言いながら、2階の雪が1階の屋根に落ちる形状の住宅は、何故かあっちこっちに見かけます。
何故なんでしょうね?
テーマ : マイホーム
ジャンル : ライフ
マイホーム大作戦 TB(0) CM(0) 


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ 家づくり奮闘記コンテスト
日高の風景
少し前になりますが、浦河町の野塚トンネルを通過した時に撮った写真です。

変哲もない風景ですが、コントラストが鮮やかだったのでシャッターを切りました。
実際の風景はもっと鮮やかだったのですが、出来上がりは平凡ですね。

20110215_2.jpg

20110215_1.jpg
テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真
カメラ TB(0) CM(0) 


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ 家づくり奮闘記コンテスト
ガラクタを整理していたら
私の職場では春と秋に人事異動があります。

この人事異動には、引っ越しが伴う事が多いです。

私もそろそろ転勤になりそうだな~と、家の中のガラクタを整理し始めました。
異動が判明するまで腰が上がらないのが常ですが、今年は本気度が違います。

中身をよく見ていなかった本棚を整理していたら、こんな物がでてきました。

20110214_1.jpg

そうです、私が成人式の時に戴いたアルバムです。
主催者である自治体が出席者の新成人に配布していた記念品で、思い返せば
  たしかに貰ったな~!
と思い出しましたが、ずいぶん昔のことですね。

アルバムには自治体の市章が印刷されていますので、当時、私が何処に住んでいたか、知る人ぞ知るですね。



次に出てきたのがカメラのカタログです。
ニコンのカメラを購入するために、参考に戴いてきました。

20110214_2.jpg

一眼レフカメラを購入する際に検討機種だった
   F80
ですが、購入したのは
   F100(最近出番がありません!)
でした。

デジイチの方は
   D200
を購入しましたが、何故か後発機種のカタログが手元にありました。

今は
  D7000
が欲しいな~と、店頭のデモ機を眺めていますが、D200に比べると貫禄が足りない様に感じるのはD200ユーザーバカのせいですね。
テーマ : 癒しと潤いのある生活
ジャンル : ライフ
趣味の世界 TB(0) CM(0) 


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ 家づくり奮闘記コンテスト
雪国は積雪対策も考えて
今年は大雪で困っている地域が多いですね。

雪国では敷地内や屋根の雪の心配もしなければなりません。

私は昔から無落雪住宅というのが好きでした。
屋根の形状から言うと、陸屋根になります。

傾斜がある屋根に降り積もった雪は、当然敷地内に落ちてきます。
その落ちてきた雪と、敷地内に積もった雪の始末をしなければなりません。

敷地内の全ての雪を始末する必要はありませんが、玄関前や駐車スペースは最低限確保する必要があります。

若い内は力任せになんとか出来ますが、歳を取ってくると除雪が重労働となり苦痛になってきます。

高齢者宅の屋根の雪下ろしを自治体やボランティアがしているニュースが流れていますが、基本的には個人責任で解決しなければなりません。

雪国でこれから家を建てようと考えている方は、とりあえず屋根の雪下ろしだけでもしなくとも済む陸屋根を検討してみては如何でしょうか。(完全に雪下ろしをしなくても済むわけでは無いけど)

北海道でも特に雪が多い地域では、融雪溝を設ける人がいます。
私の弟も雪が多い地域に住んでいますが、家を建てた際に大きめの融雪溝を設置しました。
家を建てた当時は、周りにいくらでも空き地があったのですが、その後住宅が建って、今では雪を捨てる空き地がありません。
融雪溝が威力を発揮していますが、歳をとると、その融雪溝に雪を入れる作業だけでも大変そうです。

今年は、屋根の雪下ろしで亡くなっている方が非常に多いので、無理をせず、場合によっては業者に頼んだ方がいいですね。
テーマ : マイホーム
ジャンル : ライフ
マイホーム大作戦 TB(0) CM(2) 


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ 家づくり奮闘記コンテスト
資源回収に協力
テレビでは精密機械に必需品のレアメタルが不足すると繰り返し放送されています。

今のところ自分には直接影響はありませんが、省資源の日本の現状を考え(大げさ!)、使わなくなった古い携帯電話をリサイクルに出すことにしました。

写真左側の携帯が現在使用している機種で、後の2個が使っていない古い携帯電話です。
それ以前の10年以上も前の携帯電話については、どうやって処分したのか不明です。
初めての携帯電話はP206という機種でした。その次はシャープ製でした。

若しかしたら、がらくた箱の隅に残っているかも知れませんが、とりあえず手元に残っている私の2個と、奥さんの2個の合計4個を携帯電話売り場の回収ボックスに投函することにしました。(来週の買い物の時に投函です)

リサイクルに出すため、中のデーターを消去するわけですが、古い機種にはデーター一括削除の機能が無いため、アドレスを1個1個削除するのが大変面倒でした。

写真データーは赤外線送信で現在の機種に転送し、一括削除もすることが出来ましたが、画像が汚くてガックリです。昔の携帯画像ってこんなに酷かったんですね。
今ではデジカメに匹敵する機能を持っていますね。

20110209_1.jpg
テーマ : 癒しと潤いのある生活
ジャンル : ライフ
趣味の世界 TB(0) CM(2) 


PREV PAGE   TOP   NEXT PAGE